Lung Protective Ventilation

麻酔器に搭載されたRecruitment Maneuverをはじめ術中肺保護換気に関連する豊富なコンテンツをご参照ください。
麻酔器に搭載されたRecruitment Maneuverをはじめ術中肺保護換気に関連する豊富なコンテンツをご参照ください。

全世界で毎年2億人を超える患者が全身麻酔を受け、機械的換気により実施されています。全体的に、全身麻酔は外科手術を可能にする有効な方法であり、全身麻酔中は機械的換気が不可欠ですが、呼吸障害の原因となる場合があります。肺保護換気戦略は救命医療で採用されており、術後アウトカムの改善を目指して手術室に応用することができます。増えつつあるエビデンスにより、低い1回換気量(VT)で、適度なPEEPを設定し、リクルートメント手技(RM)を用いる予防的な肺保護換気(LPV)戦略では、術後肺合併症(PPCs)の発症を最小限に抑えることができることが示唆されています。

1Futier E, et al. A trial of intraoperative low-tidal-volume ventilation in abdominal surgery. New England Journal of Medicine. 2013; 369(5): 428-437.

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1301082

Vital Capacity (シングルステップリクルートメント手技)
Cycling (マルチステップリクルートメント手技)

リクルートメント手技に関する実際

関連資料

手術室での肺保護換

DOWNLOAD

患者への肺保護換気
On-Demand Webinar

Movie

肺保護換気の推奨事項 BJA掲載論文

Read More

麻酔中における肺胞リクルートメント

DOWNLOAD

全身麻酔中の肺リクルートメント手技自動化の意義

DOWNLOAD

Related