Revolution™ EVO

*オプション
1.臨床でASiRまたは*を使用した場合、臨床タスク、患者の体の大きさ、解剖学部位、および臨床診療に応じて、患者のCTによる線量が減少する可能性があります。特定の臨床業務に適した診断画質を得られる適切な線量を判断する場合は、放射線科医および医学物理士の意見を求める必要があります。ASiR-V*については、低コントラスト検出能(LCD)、画像ノイズ、空間分解能およびアーチファクトは、ASiR-V*とFBPを比較するリファレンス工場プロトコルを使用して評価しました。LCDは0.625 mmスライスで測定され、MITA CT IQ Phantom(CCT183、The Phantom Laboratory)のモデルオブザーバ法を使用して、頭部モードと身体モードの両方で試験されました。
2.SnapShot FreezeはAWまたはAW ServerでCardIQ Xpress 2.0 Revealが必要です。
3.一般的な作業期間(午前7時~ 午後7時)において平均読影時間を20 %削減
4.ここで使用される技術の一部は、開発中の技術です。つまりこれは継続中の研究および開発の取り組みを意味します。これらの技術は製品ではなく、今後製品として販売されない可能性もあります。非売品。一部の製品はFDAおよび/またはその他の一部の国から商用利用としての認可または認証を得ていません。
5.心臓ファントム試験で実証。

当製品の薬事情報はこちらからご確認いただけます。
カタログ記載名称: Revolution EVO